ホーム > ミシンの森 > Let's Sewing

ミシンの森

Let's Sewing

ステキなオリジナル作品をご紹介♪当社のミシンを使って手作りされた作品をご紹介いただきました。

カッターシャツ

布端は折り伏せ縫いと三つ巻処理の直線縫いだけなのですが、小さな送り目や重なりの部分などの縫い目が乱れやすい部分でも、糸がしっかりと締まるのできれいに整ったステッチをかけられました。
ミシンはコンパクトですが、テーブルが広い上に低く安定しているので、身頃の縫い合わせも、余裕を持って生地を取り回すことができます。

画像:カッターシャツ

画像:カッターシャツ

ワンポイント

  • 直線縫いだけなので、オプション品の直線縫いセット(針板と押さえ)を使用すると、薄い生地でも縫いシワのないきれいな縫い目に仕上がります。
  • シャツは表に見えるステッチが整っていることが重要なので、両手が使えるフットコントローラーは必須です。カフスのカーブなどは低速で、前立てなどの長い直線は高速でと、自在にミシンを操作することができます。
  • 縫い始めとステッチの角は、針をキチンと下まで刺してから縫わないと糸がゆるみます。

PAGE TOP

園児用キルトバッグのセット

入園時に必需品の通園用バッグです。キルトを使い、女の子らしいレースのかざりとチョコレート色のベルトを持ち手にすることで丈夫に可愛く仕上げました。バッグを作った時の余り生地で、シューズ入れも。バッグとおそろいで完成させることができました。

画像:園児用キルトバッグのセット

ワンポイント

  • 厚みのある生地のため、縫い始めに押え金の" おしり" が下がらないように気をつけます。金具の後ろに余った布や厚紙をはさむとスムーズにスタートできます。
  • 持ち手のベルト部分も同様に段差での縫い始めは押え金具は水平に保つように気をつけます。バッグの口の部分は折り返す時にサイドの生地端をきちんと割る事も重要です。片方によってしまうと厚みに差が出てしまい縫うのも大変です。
  • シューズ入れは、持ち手をベルトではなく共布で作り、柔らかく持ちやすい取っ手に仕上げました。
  • レースをつける時にジグザグ押えだと引っかかってしまう場合は、直線専用押えを使うことをおすすめします。
  • 布端をかがる時は縁かがり押えを使用すると簡単に綺麗に仕上がります。

PAGE TOP

デジカメケースと小物置き

裏地と表地の間にクッションを入れてます。出し入れも簡単で見た目もかわいい、リボンで口を縛りました。また、余った生地で小物置きも作りました。

画像:デジカメケースと小物置き

ワンポイント

  • 小さな小物程度なら、リボン通しはアメピンでもできます。

PAGE TOP

お弁当セット

入園時に合わせて、お弁当入れを作りました。ランチョンマットも共布で作っています。楽しく食事をしてほしいので、生地は子どもに好きな柄を選んでもらいました。

画像:お弁当セット

画像:お弁当セット

ワンポイント

  • お弁当袋はコップも一緒に入れることができるように少し大きめに作りました。
  • 繰り返し洗濯しても大丈夫なのように、綿の厚手の生地を選びました。

PAGE TOP

ポーチ

プレゼント用に作ったポーチです。3枚の生地を使用し、プレゼントする人が好きな色合いで仕上げてみました。

画像:ポーチ

画像:ポーチ

ワンポイント

  • ファスナーは、ファスナー付押さえを使用して装着するときれいに仕上がります。

PAGE TOP

化粧ポーチ

2枚の生地を重ねて縫い合わせました。簡単な作りですが、入れたい物用に大きさを吟味したので、使い勝手がいいです。毎日愛用しています。

画像:化粧ポーチ

ワンポイント

  • 縫い合わせる時に生地がずれないように、マチ針でしっかり固定することがポイントです。

PAGE TOP

ボトルケース

履かなくなったズボンの裾を切ってボトルケースを作りました。プチecoです。表地と裏地の間にクッション材を使用したので、冷たさや温かさを保ったまま持ち歩けます。

画像:ボトルケース

ワンポイント

  • ズボンの裾を切る時に、かがる必要がないようにカットすると仕上がりがきれいで、作成時間が短縮できますよ。

PAGE TOP

針山

市販の針山があまりかわいくなかったので着せ替えてみました。お気に入りの生地で作ればより一層、お裁縫が楽しくなります。

画像:針山

ワンポイント

  • 最後のクッションを閉じる部分は手縫いで仕上げています。

PAGE TOP

花柄ポーチ

ミシンで何か作ってみたいと思い、初めてチャレンジした作品です。生地を半分に折ってファスナーを付けただけ。とっても簡単な手作りポーチです!

画像:花柄ポーチ

ワンポイント

  • 生地を好きなサイズにカットし、半分に折って縫うだけ。簡単なのでミシン初心者さんにもおすすめです。
  • 生地もハリがあって縫いやすい綿素材を使用しました。

PAGE TOP

セミフレアスカート

冬でもはける用に少し厚めの生地で作り、内側には裏地も縫い合わせました。寒さ対策にもなっておすすめです。また、ポケットは両サイドに取り付けています。初めてポケットにチャレンジした時は少し時間がかかったのですが、何着か作っているうちにコツをつかむことができました。

画像:セミフレアスカート

ワンポイント

  • 柄入りの生地を使用するときは、裁断方向に気をつけます。伸縮生地の場合は伸縮方向にも気をつけてください。
  • 前と後ろの柄は均一の方が見栄えも良いと思います。
  • ファスナーは生地に隠せる"コンシールタイプ"を使用しています。通常のファスナーでも問題はありませんが、縫い止め方法が変わってきます。
  • コンシールタイプと普通のファスナーでは押え金具が違います。
  • ポケットは両サイドに取り付けています。

PAGE TOP

お気軽にお問い合せください。

お電話でのお問い合せ

フリーダイヤル 0120-40-5851 携帯電話からでもご利用いただけます

株式会社アックスヤマザキ サービスセンター

営業日 月曜日〜金曜日(土・日・祝祭日除く) 営業時間 9:00〜12:00 13:00〜17:00

インターネットでのお問い合せ

「お問い合せ」「修理のお申込み」はこちら

PAGE TOP