ホーム > ミシンの森 > ミシン豆知識 > 針と糸と生地の選び方

ミシンの森

ミシン豆知識

針と糸と生地の選び方

布の種類 糸の番号 針の番号
薄地 薄地ショーゼット、オーガンジー、
ボイル、タフタ、絹布など
綿80~100
絹60~80
化繊糸80~100
9〜11番
普通地 ギンガム、ピケ、リンネル、
さらさ木綿、サテン、薄手コーデュロイ、
別珍、一般服地など
綿50~80
絹50
化繊糸50~60
11〜14番
厚地 ギャバジン、ツイード、デニム、
キルティング、コーデュロイなど
綿40~50
絹50
化繊糸50~60
16番
伸縮性の布 ダブルニット、トリコット、
スパンデックス、ジャージなど
化繊糸50~80
絹60
ニット用糸
11〜14番
ニット用針
  • 基本的に厚い生地の場合は太く丈夫な糸を使い、薄い生地の場合は細い糸を使用して縫います。この糸の太さに応じて針の太さも変える必要があります。
  • 生地に対して針と糸が適合しない場合は、目とび、糸切れ、針折れなどの原因になりますので糸と針のを正しく組み合わせる必要があります。

おすすめの糸

ポリエステル100%のミシン糸60番(標準の太さ)は、 糸の調子が均一で合わせやすく、しなやかで縫い目が綺麗に仕上がります。今のミシンはさまざまな縫い模様ができるよう複雑な構造にになっているため、一世代前に主流として使われていた【絹糸・綿糸】は糸の抵抗が強く、時間が経つと劣化して切れやすくなってしまい、糸の調子もやや調整しづらくなります。

サテン生地を縫う場合

ポリエステルの糸をお使いください。 細い90番の糸なら縫い目が目立つことなく綺麗に仕上がります。

お気軽にお問い合せください。

お電話でのお問い合せ

フリーダイヤル 0120-40-5851 携帯電話からでもご利用いただけます

株式会社アックスヤマザキ サービスセンター

営業日 月曜日〜金曜日(土・日・祝祭日除く) 営業時間 9:00〜12:00 13:00〜17:00

インターネットでのお問い合せ

「お問い合せ」「修理のお申込み」はこちら

PAGE TOP