ホーム > ミシンの森 > ミシン豆知識 > ミシンの歴史

ミシンの森

ミシン豆知識

ミシンの歴史

ミシンの日本伝来

日本で初めてミシンを使ったのは、あの篤姫様でした。

日本へのミシン伝来の経緯は諸説ありますが、有力な説は、1854年、あの黒船を率いたペリー提督が横浜に再来航し、徳川十三代将軍家定に献上された “SEWING MACHINE”が、日本に初めて紹介されたミシンだといわれています。
その頃アメリカではようやくミシンが商品化された時期で、ペリー提督は本国でも最新流行の高価な品を、将軍の奥方、天彰院敬子(てんしょういんすみこ:通称、篤姫)にプレゼントしたということです。
その後、江戸幕府は1860年、咸臨丸艦長の勝海舟のもと、「日米修好通商条約」批准のため遣米使節を送り、その時の通訳ジョン万次郎が土産として“写真機”と“ミシン”を持ち帰りました。

画像:SEWING MACHINE

ジョン・万次郎が
持ち帰ったものと同型のミシン

1868年(明治維新)2月(まだ年号が慶応の頃)、幕府開成所の教官であった遠藤辰三郎が「ミシンについての広告」を当時の新聞に掲載。広告には、「西洋新式縫物器械、用法伝習並ニ仕立物之事」とあり、「幕府が外国からシウイングマシネ(ミシンのこと)を取り寄せたが使い方がわからず、横浜で外国人から教えてもらったので、この技術を習得したい人は申し出るがよい。ついでに仕立物があれば何でも安く引き受けてあげよう」という広告でした。これをきっかけにミシンは広く人々の知るところとなったのです。
そして、明治時代のはじめ頃、英米でSEWING MACHINEと言っていた「マシン」を「ミシン」と発音したのが日本中に広まったといわれています。

明治10年西南戦争の頃には軍服を大量生産する必要にせまられ、政府はこれを機にミシンを多量に輸入し、軍服の量産に入りました。さらに、明治15年頃からは貴婦人の間に夜会服が流行し始め、19年には宮中での儀式に女子の洋服着用が認められます。それがきっかけとなり、洋服が庶民にも普及していきました。そして明治20年、鹿鳴館の舞踏会が行われる頃には、横浜や神戸ではミシンが輸入販売され、また、外国人からミシンの使用法・技術を習得し、一般家庭にも広がっていったのです。
現代でもファッションとアパレル機器が密接に関連して発展しているように、当時もファッションの変化と発展がミシンの設備・普及に大きな影響を与えたのでした。

参考資料: 「ソーイングマシンの歴史と発展」(社)日本縫製機械工業会

欧米のミシンの歴史と発展

日本に伝わる200年以上も前に英国で誕生。

1790年、英国のトーマス・セントに英国特許1764号として認可されたものが、歴史上、ミシンの構造原理として公式に認められた最も古い記録です。しかし、セントの画期的考案は、なぜか特許庁において衣料品部門に分類され、長い年月まったく人々の話題にのぼることなく英国特許庁の書庫に眠り続けることになりました。
83年後の1873年、英国のニュートン・ウイルソンは、自分の製造品の件で特許庁に調べに行った時、偶然にもセントの発明書類を発見。驚いたウイルソンはその考案の記録と図面を調査し、5年の年月をかけて手作りで再現しました。そのレプリカは、1878年にパリで開催された万国博覧会に出品されています。
ただ、1873年当時、既にアメリカで実用化されたミシンの製造技術がヨーロッパに広がっており、各国でミシンの生産が量産に向かいつつありました。セントの考案が83年もの間書庫で眠り続けていた事実を知った当時の人々は、なんとも奇異なことだと感じたようです。

オーストリア・ウイーンでは、ジョセフ・マディス・ペルガーが、1814年、当時ヨーロッパで盛んに行われていた刺繍ステッチを目的とするミシンについての特許を取得。前評判が先行し、オーストリア皇帝一世の賞賛を浴びました。とはいえ、機械の構造そのものが複雑なため実際には手作業によってかなりの部分を補うこととなり、表面上の華やかさ、名誉に相反して、彼は経済的にも社会的にも何一つ報いられることがなかったといいます。1839年には先の発明とは異なるミシンを考案しますが、これも実用化するには欠点が多く、世に受け入れられませんでした。こうして彼は1850年に公立養老院で、その生涯を閉じたのでした。
また、フランスでは1830年に、バーシレミー・シモニアが、当時フランスで最も流行していた装飾用タンブール刺繍の機械化に成功し、業務用として実用化。1851年の大英博覧会にも出品されました。

一方アメリカでは、1832年にウォルター・ハントによって、2本糸によるロック・スティッチが発明されます。ただ、ハント自身が 考案を実用化する気にならず、特許出願権も他に譲渡したため権利化されませんでした。1846年には天才エリアス・ハウの登場により、今日の本縫いロック・スティッチの源流となるミシンが発明されます。特にシャトル(ボビンケース)とボビンの考案。針・糸のタイミングは従来の発想を超えたものでした。
1849年には、C・プロジェットと協力者A・レローが全回転式ソーイング・マシンの最初の発想を思いつきます。しかし装置に欠点があり、糸がねじれてしまうために実用段階では不評でした。そして、この特許を買い取ったオーソン・フェルプスが、シンガーに改良を依頼。こうしてシンガーはミシンと巡り合い、今日まで深く関わることとなったのです。

このようにミシンは200年以上も昔から欧米の人々によって改良が重ねられ、より使いやすいミシンとなって日本に伝わり、明治以降、ミシンの需要が高まるとともに、独自の技術やアイデアが盛り込まれた日本製の製品が誕生しました。今では洋服の縫製に不可欠な存在となっているミシン。これからも私たちの生活に深く関わり合いながら、進化していくことでしょう。

参考資料: 「ソーイングマシンの歴史と発展」(社)日本縫製機械工業会

お気軽にお問い合せください。

お電話でのお問い合せ

フリーダイヤル 0120-40-5851 携帯電話からでもご利用いただけます

株式会社アックスヤマザキ サービスセンター

営業日 月曜日〜金曜日(土・日・祝祭日除く) 営業時間 9:00〜12:00 13:00〜17:00

インターネットでのお問い合せ

「お問い合せ」「修理のお申込み」はこちら

PAGE TOP